婚約指輪はいつ準備するのでしょう

婚約指輪とはどのようなものでしょう

婚約指輪とは、結婚の意思を確認し合う「プロポーズ」の時に渡されるリングのことを言います。男性から女性に送られることが多いものです。婚約を意味するものであり、普段に使用する物というよりか「記念」のイメージが強い指輪です。ダイヤモンドなどの豪華な宝石があり、パーティーなどの時に用いるようなゴージャスなデザインのものが多いです。
起源は古代ローマ時代と言われていて、「約束」を誓約する時に使われていた鉄の輪が結婚指輪として用いられ、それが婚約指輪にも波及したという説が濃厚です。日本では60年ほど前からよく見られるようになった習慣であり、今では「約束を形にするもの」という意味でたくさんのカップルが利用しています。愛情の証として渡されます。

婚約指輪の準備時期とは!?

婚約指輪は給料の3か月分、などという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、そのような決まった相場はなく、実際は気持ちの方が大切にされています。その気持ちを準備し始める時期というのがプロポーズを心に誓った時期、すなわち婚約指輪を準備し始める時期となるでしょう。
婚約指輪にもいろいろな種類がありますが、少なくともプロポーズの日の1カ月前、イニシャルを彫ったり、デザインをオーダーしたりする場合は2カ月前には準備し始める必要があります。プロポーズをクリスマスなどの行事に合わせたいと思っている場合ほど、そしてたくさんの人がプロポーズをしようと思っている時期ほど早く準備すると良いでしょう。プロポーズの時に間に合わなかった、ということがないように事前にしっかり調べておきましょう。

結婚指輪を立川で選びたい時には、大手のジュエリーショップのオーダーメードの方法を事前に確認することが良いといえます。