素敵な婚約指輪の選び方

婚約指輪の使い道として

女性にとっての最大のイベント結婚。婚約指輪をプレゼントされることにより、いよいよ幸せな結婚生活が始まると考えていることでしょう。男性にとっては給料の三か月分を目安に指輪を購入するという時代がありましたが、現代ではそこまで高価なプレゼントをする人は多くありません。二十万から三十万円辺りの婚約指輪を購入することが多く、二人で一緒に買いに行って選ぶのも幸せな時間を過ごすのに一役買っています。
しかし、婚約指輪は結納の時にお披露目すること以外に頻繁につけるものではありません。一生のうちに何回もつけないものに何十万円も支払うのはもったいない気もしますよね。そんな問題を解消すべく、結婚指輪と合わせられるものがあるのです。

合体させるなら飾りはないほうがいい

婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけることで、重量感のある高価な指輪に見えます。合体すれば婚約指輪も必然的に見につけるようになるので高価な指輪でも有効活用できますよね。しかし、ここで注意しておきたいのが、ダイヤなど飾りがついていないものの方がいいということです。
結婚指輪でシンプルのものが多いのは、いつもつけているので日常生活でぶつかったりする可能性があり、飾りがとれる可能性があるからです。婚約指輪は比較的派手なものが多く、凸凹していますので、合体させると転倒したりした衝撃でダイヤが紛失する可能性が出てきます。一生に一度の大事な宝物を傷つけたくないので、一緒にしたい場合はシンプルなものにしたほうがいいですよ。

結婚指輪を銀座へ買いに行くカップルがたくさんいます。ブランドが密集しており、一日で何店舗もまわれる為、非常に人気のエリアです。