婚約指輪の相場とは

プロポーズしたい!婚約指輪はどうすればいいか?

男性が女性にプロポーズすることは一般的ですが、その時に用意しておくものが婚約指輪です。昨今、若者は買い控えする傾向が強く、お酒も飲まない、タバコも吸わない考えの人は少なくありません。バブルのころから考えれば、所得が低くなり将来の年金も不安な状況であれば、お金を使いたくないというのも頷けます。しかし、結婚する時に必要なものとして婚約指輪は外せません。一体いくらくらいのものをプレゼントすればいいのでしょうか。
給料の三か月分を婚約指輪に使う人は少なくなってきました。結婚するために資金を貯めたのに、婚約指輪を購入したことで生活がままならないようでは困りますよね。自分の生活水準に合わせた指輪をプレゼントするのがいいようです。

具体的にはいくらが人気か

では、具体的にはいくらくらいのものが人気なのでしょうか。三十万円前後のものが人気で、プラチナの指輪にダイヤモンド乗っかっている物がいいようです。ただし、ダイヤモンドと言ってもカラット数が違えば値段も変わるのが一般的ですが、もう一つ知っておくべき点があります。
大きいダイヤモンドでも輝きが少なかったりすることをご存知でしょうか。小さくても光を反射し美しい輝きを放っているものもあれば、大きいのに今一つ輝きがないものが存在するのです。これは研磨やカットの仕方が違っており、そのグレードによっても価格が変わってくるのです。すなわち、ダイヤモンドの大きさよりもカットの仕方が重要だったりするので覚えておいてください。

結婚指輪とは、結婚式で交換する指輪のことを言います。大切にしまっておく人もいますし、結婚した証として結婚後は左手の薬指にはめたままの人もいます。